BMT第3戦 プリスポーンラストチャンス


日時 2018年5月13日 (日曜日) 6:00~14:00
場所 クンガン (テチョンホ)
天気 曇り、
参加者 はむさん、あじるさん、やまぴーさん、tochanさん よっくんさん  ベジータ(記)

 クンガンは昨年行ったが良い思い出の無いフィールドである。
水質クリアーでドン深なイメージで苦手なフィールドである。 
前日にシルバー系 ゴースト系のルアーをセレクトして詰め込んだ。
今回は昨年と違う入水ポイントなので少し期待も高まりながら現地に向かった。
現地に着くと韓国人のフローター軍団が準備中であった。
車も止めれないくらい・・・。 嫌な予感・・・。
水も濁りがありイメージと違っていた。(チャート系のルアー持って来たかな??)

入水ポイント横のブッシュでフィーディングしているバスを発見。
あちこちで捕食音が聞こえる。 これは活性が高いと心が躍った。
ルドラ スピナべを巻き倒すが反応なし。 あれれ?
お口に合いませんか? 入水ポイント付近で遊んでいると土地勘のあるメンバーは思いの
ポイントに散って行った。 ハムさんは下流。 アジルさんは対岸。 ヤマピーさんは上流。
私は入水ポイント近くのワンドに入った。 よっくんさんも入水ポイント近くで遊んでいる。
そこでTochanさんから悲報。「シートのエアー漏れ」との事。 無事を祈る・・・。


プリの残りを信じてルドラを巻き倒す。 
しかしバイトしてきたのは30cm位の1匹のみ。 ランディングでバラしたが、
ノープロブレム。
ブッシュ際ではフィーディングしているが、ルアーを追ってこない。
さらにギルの姿が見えだしたので、ビッグベイトに変更。 バズビル マイキー等巻くも
反応なし。  時は既に8時30分を回っていた。

取りあえず小バスでリミットしようと考えワームをブッシュ中に送り込んだ。
すると25~30cm位のバスが連続で釣れた。 ほんの10分程度でリミットメイク。
なんだ、簡単だな・・・。 久しくワームをねっちりやってなかったが勘が戻ってきた。
それからブッシュ中で入れ食いタイム。 40UP 5匹を含み 17~18匹釣れた。
途中ブッシュにまかれてライン切ったやつも合わせると20匹以上かけた。
アフターのガリクソンだが今日はこれを遣り切ろうと考えたが、ワームも針も在庫切れ。
移動して他のワンドに入った。 先程の状況に近いブッシュを見つけてはワームを投入。
(ワームとフックサイズは変更)
突然反応が無くなった・・・。 ワンドが間違っているのか? ワーム仕様が間違ってるのか? フィーバータイムの終了か? 時間は11時過ぎ。


後2時間どうするか?
再びプリor回復バスを探してミノーとビックベイトを投げまくる。
しかし全く反応なし・・・。 そこでスピナベを投げまくっているよっくんさんと会った。
聞くとあまり釣れてない様である。 やはりプリor回復はこの辺には居ないと確信した。
その後は適当に時間つぶし・・・。

それでは結果です。

1位 はむさん 1630g  1610g  1060g  (4300g)
     回復系の良型バスを3本揃えて余裕の優勝
  今期3連勝で早くもAOY確定か? 来期はメジャー移籍か?
ham

ham2
(コメント)
会場へ向う車の中、対岸に渡ってプリは捨てて岩盤メインで行くか、渡らずに残プリも
意識しながらワンドと岬を狙うか迷いながら現場へ到着。
入水ポイントに着くと大量に韓国人たち溜まっていて、彼らは対岸に行くであろうこと
が予想された。
そして先に出航したベジータさんは近場のワンド、あじるさんが対岸エリアへと向ったため、
対岸と近場は捨て川の蛇行部を回り込んだ裏側エリアのワンドへ向うことにした。

スタートはいつもどおりルドラとワーム。
岬先端のブッシュがらみですぐに40ちょいと30クラスがでたが、いかんせんガリガリ君

ルドラには反応がなく、スピードをかなり落としたところでヒットしたが30cm。かなり
動きは鈍い模様。
このスピードで引かないとダメならワームでいいやとほぼワームへシフトしたところで
、48クラスがヒット。
その後もパラパラと釣れた分を入れ替えをして、9時頃に40ちょい2本と48クラス1本キ
ープとなった。
この入れ替え時にスカリのふたを開けたところで48君がジャンプ。
開口部のすぐ横の網部分にあたったのでセーフだったが、もしあと10cmほどジャンプの
方向がずれていたら・・・

その後は釣れても入れ替えを迷うクラスばかりで、スカリに入れる魚ばかり増えてウェ
イトは大して増えず。
中途半端なウェイトでどうしたものかと考えはじめた11時頃。時間帯なのかエリアなの
か、ベイトがチラホラ見えるようになってきた。そのタイミングで2本目の48クラスと
、サイズは40クラスだが少しプロポーションの良い魚を追加し目算4kgちょい。
ここからはキッカークラスを追加するために、ジョイクロを導入するも結局最後まで反
応はなく終了。
前日にクイで滝(のような雨)に打たれ、禊を済ませることができていたのか三勝目を
獲得することが出来た。


AOYリーチなので次回リーチ棒代わりにリーチパンティー被ってください。 byベジータ

2位 ヤマピーさん 1520g  1080g  740g (3340g)
       見事な回復系を釣るも一歩届かず。
yama

yama2
(コメント)
今回は土曜日が仕事だったので、日曜日の朝によっくんさんに同乗させてもらってテジョンに向かいました。
到着すると、久しぶりに来たテジョンの入水ポイントは韓国人バサーで大混雑・・・
早速準備して少し遅れ気味にスタートすると、対岸は既に大量のフローターが浮いている状態。
先行が居ると期待が持てなさそうなので、とりあえず昨年にデカイのが釣れた手前岸の竹藪前から釣り始めました。
最近、テジョンで釣りをしていなかったのでパターンがつかめておらず、とりあえずは前回でのタプチョンのパターンから始めようと、センコーのノーシンカーをカバーぎわに入れながら流しました。
すると動き始めた小バスやギルが食ってしまう状態・・・
一応、小さいながらも2匹キープして今度は大きめのミノーに変えてカバー際に入れると、ジャーク一発目の表層付近でそこそこのサイズが釣れました。
そのまま岩盤まで流したところで、もしかすると回復したバスが縦ストに付いてるかなと思い、試しにビッグベイトを岩盤際にキャストすると、反応はあってバイトもするものの、食いが浅いのか小さいのか、なかなかキャッチ出来ない。
何度もミスバイトとバラしを繰り返してやっと1500gくらいのをキープできました。
その後、何本かキャッチして入れ替えしながらキッカーを狙いましたが、これと言った大物は釣れず結果2位となりました。
まあ、ビッグベイトで出た結果なので良しとしますが、次回のBMTはもっとデカイのを取りたいですね。
みなさん、次回も宜しくお願いします。

いやいや十分大物釣ってますよ。贅沢言うとボウズ食らいますよ。  byベジータ

3位 ベジータ 1340g  1020g  820g  (3180g)
    ガリクソンで重量伸びず。

beji
(コメント)
今回より秘密兵器を持ち込んだが先週は取り付け冶具を作るのに時間を費やした。
その為初期セッティングも出来ておらず見方も分からない。
秘密兵器に思ったような成果は見られなかった・・・。(魚探捜査に気を取られすぎたかも?)
皆のヒットルアーやパターンを聞いてポイントや狙い方の間違いに気づかされた。
まだまだ修行不足です。 しかも痛恨の釣行記。。。 反省点は多い釣りとなった。

4位 よっくんさん 1060g  640g 370g  (2070g)
   久々の良型に満面の笑み。
yo

(コメント)
ソウルを出る時はまだ霧雨状態で天候の回復を期待しながら、少し早目に着く様にとやまぴーさんとの集合時間を早めたにもかかわらず、1番最後に到着。
しかも韓国人だらけで、何とか駐車。
前回、シートの空気漏れがあったので、一応直したが、やはり漏れているみたい。
不安をよそに皆さんから遅れて左側のワンドへ向かう、とりあえずバズベイトを連投するが、当たりは無し。スピナベに代えてエントリーポイントの近くで今日1番をゲット。
幸先良いと期待が高まるその後ブッシュ奥にキャストを枝に引っかかるもそのままバス君がバイト!
しかも枝が折れてそのまま引き寄せる事が出来て、今日は沢山釣れ るか?と期待したのもつかの間それ以後はデカイの追って来るのは見えたが当たり無し。シートの空気が抜けて気持ち悪いので、入れ直しに上がり、また同じ場所へ、バスがベイトを追ってはいるが、やはり当たらず…
韓国人バサーが釣っているので諦めずスピナベをもう一度使うと、最後の1匹をゲット。
何とかリミットメイク出来て終了となりました。
トータル2キロを超えているので、悪くはないが良くもないので、次回また頑張りたいですね。
その前にフローターを快適に使う為に再度改良が必要です。
魚探も欲しいし、リールも、竿も、どれから手を出すか、悩み中です。

よっくんさん、快適フローターにはバッテリーと扇風機から始めましょう。 冷蔵庫も・・・。 byベジータ


5位 アジルさん 1020g  460g  370g  (1850g)
    見事な回復系を釣るも二歩届かず。
aji
(コメント)
クンガンは毎回どう釣っていいのかよくわからない場所で、今回もやっぱりぱっとしませんでした。
前日クイでずぶ濡れになったので天気が心配でしたが、風もなく、いい天気で一安心。
ハムさんはおそらく裏側に行くだろうなあと思い、ベジータさんもすでにそっち方面に行っていたので、迷わず対岸に。
始めてすぐ、岬でワームでチマチマやったらすぐに結構いいのが来てしまいました。これが良くなかったようです。
岬でワームと信じ込んでワンド奥は捨てて岬巡りをしましたが、結局仔バスがちょろちょろ。。。
まだ、右側のオールピンがいつ割れるかわからない状態なので、早めに折り返したら、あらら、
いつの間にか韓国人が岩盤とかワンドとか、帰り道叩こうと思っていたところにわらわら群がっていました。
対岸はやまぴ~さんがゆっくり進んできていたのが見えていたので、やまぴ~さんの叩いた後を叩きに行っても釣れる気もせず。
韓国人は11時ごろには一斉に引き上げていったので、結局折り返して韓国人の叩いた後を叩きましたが、鋭いアタリは、ギル。
たまーに釣れると仔バス・・
なかなか難しいですが、天気も良かったし、新緑はきれいだったし、とりあえずぼーずじゃなかったしで良しです。  次回頑張ります。

いやいや、沢山釣ってたじゃないですか。 byベジータ



6位 Tochanさん 420g (420g)
    シートエアー漏れで移動制限。 良ポイントに行けず。
to2
(コメント)
みなさんが左側と対岸に行ったようだったので、やまぴーさんが向かった右側へ行こうと漕ぎ出したら、どうもシートがおかしい。エアー漏れのよう。
車に戻って調べてみると、やはりシートの折れ目のところに穴が。
紫外線効果の接着剤で仮修理して、再出発。かなりのタイムロスで右側に向かって漕ぎ出したのが8時ごろ。
前を韓国人カヤックが2台。彼らを追い越すかどうか悩みながら彼らの叩いた後のブッシュをワームでチマチマやっていたらようやくチビバス1匹ゲット。
カヤックはいつの間にかいなくなり、遠くにやまぴーさんが見える岩盤まで来て、定番のルドラ、クランク、スピナベなどを試してみるが反応なし。ビッグベイトも試したがダメ。
ワームには、ギルがつついてくるもバスが来ない(;_;)。
結局時間切れで折り返し。戻りながらルアーを流す深さを変えながらキャストするが当たりがなく、ベジータさんとよっくんさんのいる出発点に戻って、終了。8時半ごろにゲットしたチビバス1本のみとなりました。
あとで、あの状況でも、やまぴーさんがビッグベイトで釣ったとの話を聞いて大変勉強になりました(=^0^=)。
次回はもっとデカイのを釣ります(*^-^*


今回は移動距離の問題でしたね。 人の叩いた後では難しいです。 byベジータ

〔総括〕

今年も春バスの季節が終わろうとしています。 
今回がプリスポーンのラストチャンスになったであろうが、誰もプリを引けなかった・・・。
天気は朝ローライトでフィーディングタイムが長く継続し楽しく釣りが出来ました。
また、気になるような風もなく絶好の釣り日和であった。
釣果は別として気持ちよく釣が出来た一日になりました。
 
おしまい。