BMT第7戦 クイ貯水池 レポート

日時:2019年9月29日(日)
場所:クイ貯水池
天気:くもりのち晴れ
気温:27℃
水温:21℃-22℃
参加者:はむさん、ベジータさん、やまぴ~さん、まりまりさん、きっちゃん

はじめまして。きっちゃんと申します。
これまでオカッパリばかりだったのでフローター初体験のため、ベジータさんが前日から練習してくれることになりました。
その行き場所を決めていると、なんとBMT参加者は全員前日釣行を予定していることが判明!!
それではみんな一緒に!ということで、土曜日タプチョン、日曜日クイ(BMT)ということになりました。

初フローター、初BMT参戦、そしてなぜか釣行記も書くことに・・・。


IMG_1694


BMT第7戦の結果と皆さんのコメントです。

第1位 やまぴ~さん 重量 1320、1260、1780 合計4360g

IMG_1717

コメント
今回は春以来のクイ貯水池での開催となりました。
春には思っていた釣り方で全く釣れなかった場所なので、自信はありませんが季節も違うので何とかなるかなと…
前日に参加メンバー全員でタプチョンに入りましたが、台風による大増水のせいかあまり釣果は良くありませんでした。
とりあえず冠水ブッシュや岸際の葦にグッドサイズは付いていない事だけを確認し、やはりこの時期なので回遊バス狙いがカギになるのかと整理していました。
で、当日の朝のスタートは何時ものビリっけつ…
初参加のきっちゃんさんも早々に出船していきましたが、焦らず前回と同じように皆の動向を伺います。
はむさんは対岸のブッシュ周りを流して下っていく感じで、まりまりさんときっちゃんさんはスタート地点側の岸沿いを下っていた模様。
ベジータさんはちょっと沖目を流しているのが確認できました。
自分も出船して水面の様子を観察しますが、この時期であればあちらこちらで起こるはずのボイルが起こらない…
いや、正確にはボイルしているけれどブッシュの際で単発で起こるだけで、群が回っている感じではない。
朝が早くて魚が浮ききっていないのか、それともまだベイトの群が薄い状態なのかな?
とりあえず、スタート地点側をバイブで回遊魚のボイルを待ちながら釣り流していきます。
まりまりさん達に追いついたところで、冠水ブッシュから伸びるブレイクの下あたりにバイブを送り込んで巻き始めると『ゴンっ!』と重いアタリが。
強烈な引きでフローターごと引っ張られ、50センチは楽に越えたと思ってランディングしたのは以外にも50センチにも届かなそうなサイズ。
まあグッドサイズではあるので良しとします。
その後は冠水ブッシュ周りで小さなボイルを打ってみますが、やはり小バスの応酬に合ってデカバスがお留守なのは確認完了。
30センチちょいのをスカリに入れて、あまりにもボイルも起こらないので移動を決意。
ベジータさんとはむさんの行った下流側に行くか、それとも風が当たってきた上流側に行くかを迷い、人が少なそうな上流側に行ってみました。
インレットの辺りまで来ると濁りがあってゴミも大量に浮いているので、コレはハズしたかと思いながらも浅めのバイブに変えてキャストを続けていると、インレットから伸びるミオ筋の
角辺りで結構よいアタリが。
今年はバイブでで散々バラしているので慎重にやり取りをするようにしていましたが、なんと今度は水中のウィードに巻かれて動かなくなってしまった…
思い切りウィードごと引っ張り寄せると、ラッキーな事にウィード団子の中にバスが絡まっていました。
スカリにキーパー3匹を入れて更にその周りをチェックしていくと、少しずれた場所で同じようにミオ筋の角になる部分でもう一匹グッドサイズをキャッチして入れ替えが完了しました。
皆と離れていたので周りの釣果が分からず、更に入れ替えをするべくキャストを続けましたがキープしている魚以上のサイズは出ずに終了となりました。
ウェイインに戻ると他の方で思った程のサイズと数が出ておらず、幸運にも優勝が出来ました。
今年はバス釣り絶不調だったのですが、ようやく良い流れが来始めた所で今年のBMTは終了してしまいました。
残すはクラッシックのみですが、最後まで気を抜かずに行きたいと思います。


第2位 まりまりさん 重量 170、2290 合計2460g

IMG_1719

コメント
とうとう今年のBMT最終戦の題7戦です、
場所は「クイ貯水池」。水量が100%と急に増えたクイです。
まず現地に着くと、ブッシュだらけでびっくり。
実際。釣りの時も走行の邪魔になりました。
さて、釣りですが、スタートと同時に右側のブッシュエリア
(新しく出没したものでなく従来からあるもの)に向かいました。
先行する「ベジータさん」が出船場所近くに止まったので追い越し
一目散にブッシュ帯へ。。。
まずは、秋の定番である「バイブレーション」を投げます。
期待に反しノーバイト。次に「クランク」ノーバイト。。
次に「ミノー」ノーバイト。。。そして(朝から)「ワッキージグ」
ノーバイト。。。。(ギルもあたらず???)
何が起こった?急な増水のせい??
そのブッシュに次にきっちゃんが入っても釣れなかったのですが
現在好調のヤマピーさんが入ったところバイブレーションでいきなり
良型をゲット!なぜ???タイミング???女(男)心と秋の空???
気を取り直して、それならばとシーバス用ルアーをセット。「バス君。これは
見たこと無いでしょ !」とばかりに投げますと、数等目にガツンとヒット。
今回はネットも問題なく出せ、落ち着いてランディング。
「あれ大きい?ネットからはみ出る。」
朝一からのスカリ出しは、移動の妨げですが、これは当然キープ。
さて、これから!だと 「バイブレーション」にクランク」「ミノー」
 「ワッキージグ」を投げますが、いつものクランク「ブリッツ君」に
ギル・子バッチがかかるだけで他はノーバイト。
「万歩計」ならぬ「万投計」があったら計って見たい程、投げたのに
追加の良型は得られず、ストップフィッシング。
最後計量時にとりあえず3本キープの為に入れておいた子バッチに
逃げられるは、なんかスッキリしない釣行でした。
ただ最初の魚が大きく腹パンの2.2kgフィッシュで2位でした。。。

IMG_1721
 

第3位 きっちゃん 重量 1240、320、430 合計1990g

IMG_1701

前日のタプチョン湖とは異なり、クイ貯水池の水はきれいでした。
恐る恐る入水してみんなについていき、朝一のブッシュエリアに入りました。
とりあえずシャロークランクで様子見しているとひったくる様なバイトが!
しかし喰いが浅いのかルアーはすっぽ抜けてしまいました・・。
でも目の前でバイトシーンが見られるという、フローターフィッシングの醍醐味を味わい、テンションはどんどん上がっていきます。ルアーチェックするとリアフックが曲がっていました。逃した魚は大きいのか?

ベジータさん、まりまりさんは早々に見切りをつけたのか、気が付いたらはるか彼方に移動していました。
スピナーベイトに変えてチェックを続けていると、真正面15mくらいのところでボイル発生。
スピナーベイトを投げ込むと魚の感触があるが乗らない。
そのまま巻き続けると追い食いしてくれて本日初の魚を取れました。30cmくらいのきれいなバスでした。
その後チャターベイトで1匹追加しましたが、魚探を持っていない私は水深レンジをどこにしようか悩んでしまい、ルアーを決め切れませんでした。

ベジータさんからのアドバイスに従いバイブレーションを投げ続けることに決め、風に流されゴミと格闘しながら対岸を流していきました。入水ポイントのちょうど対岸あたりでゴンというアタリがあり、フローターでのファイトでもたつきながら釣り上げてみると、コンディションの良い42cmでした。
初参戦でキロフィッシュを釣ることができ、大満足の一日でした。

NF ベジータさん

コメント
先々週の台風の影響で湖面にはゴミが一杯浮いていた。 上流はゴミだらけと判断し下流を目指す事とした。
久々のクイにデカバスの期待をしつつ出発したが、釣り開始後直ぐに20~25cm級が3匹釣れた。
Kaffeeブッシュに到着するも反対側にヤマピーさん 先行にきっちゃんさん が打ち込んでいる。
するとヤマピーさんにデカバスヒット! 「かなりデカイ!! 50cm後半ありそう・・・。」
の声に興奮するも戦意喪失。。 反対側だったか・・・。
ヤマピーさんが移動するのをみてスクールなら同サイズが近くにいるかもとバイブ投げまくった。
しかし食ってくるのは25cm級のみ。 
アジルポイントでも25cm級のみ。 老人ホーム前に着くとゴミが無く水も綺麗。
やっと30cmOVERが釣れた。 しかしその後も2525祭り。
最後は10cm級まで連れる始末。 30cmOVERをもう1本追加するもウェイインを避けてNFで終了。
後で話を聞くとゴミだらけの上流が熱かったとの事。 完全に読み違いだった。
今年のBMTは不運続きで終了となった。
まあ、怪我など無かったので良しとしましょう。

NF はむさん

コメント
今年のBMTシリーズもとうとう最終戦。秋爆ってなにそれ?ってくらい最近は魚が釣れ
る気がしないので、心は既に来年三月に向けてカウントダウン中。
最終戦は台風の影響もあり水位100%のクイ。
前日は、タプチョンに入ったがやはりイマイチな状況でチビッ子パラダイス崩れ。それ
でも最後の方にはブッシュ帯のフィーディングを見つけグラビングでトップにボコボコ
でたので少し満足して終わった。
クイに到着すると、サイト情報通り超満水。湖面にはウィードやブッシュがたくさん見
えたので、タプチョンと同じパターンでウィードトップ狙いを決めた。
結果は大コケで、トップにはひとつも出ず。ミノークランクワーム何をやっても出てく
るのはチビッ子。
朝方にやまぴーさんが50後半を捕ったという噂を聞いたので、1.5キロ3本と心に決め
スカリをおろさずに時が流れ・・・
結局、最後までスカリを下ろさずに終了となった。

おしまい