2018年10月


BMT Classic 釣行記

日時:2018年10月21日          
場所:タプチョン貯水池 7:30~13:00
天候:晴れ
参加者:ウッドさん、ベジータさん、Tochanさん、まりまりさん、はむ(著)  計5名

2018年のBMTシリーズもいよいよ締めくくりBMT Classic。
最大9名の参加が見込まれたが、体調不良だったり桜が散ったりなど諸々の事由で最終的には5名での開催となった。

心配されたボヤっきー漁師のおばちゃんとのバッティングもなくスムーズに各自入水準備を進める。
湖の状況は水量十分、水質も改善、朝方の冷え込みも軽く期待したが、入水ポイント近辺で生命感がないのが気になりつつスタート。
冷たい風が少し吹いたものの概ね釣り日和。昼前の逆風大風もなく、全員時間内に無事に帰着となった。

katazuke

そして、各人の運命のウェイイン。

kenryo

kenryo2


結果は・・・・


第1位 ベジータさん 1190,1010, 860g 計3060g

スーパーサイヤ人モード覚醒?最終戦に続き2連勝おめでとうございます。
bejita

コメント
タプチョンは過去のBMTでは良い記憶がない場所である。 
前回BMTでウェーダー破れ 釣行記担当 車の故障等の悪夢を思い出した・・・。 
私にとって鬼門タプチョンである。(上流からの入水は好きなのだが・・・)
朝一の水温は16度 まだまだ春爆が狙える温度に期待してスタートとなった。
ハムさん ウッドさん マリマリさんは上流方向に行ったので私は毎回不発の下流に移動。 
早速近くのブッシュ周りからサーチした。
1投目のバイブに小バスのバイトがあったが、フッキング出来ず。
魚の活性が高そうなので私の活性も上がった・・・。 がその後1時間ノーフィッシュ。
9時頃からブッシュや水中ウイード周りにバイブ スピナベ巻くと次々に釣れ出した。 
サイズは30cm以下ばかりだが20匹以上釣れた。 これはこれで楽しい・・・。 
11時頃2mレンジの水中ウイードで掛けた小バスに40upが3匹追尾してきた。 
直ぐにバイブ投入でそのうちの1匹をGET。
やはり良型はもう一つ下のレンジにいると判断して、水中ブッシュを中心にディープ
クランク投入した。 それからテンポ良く40upが釣れて終了となった。
あまり納得出来る釣果ではなかったが、鬼門タプチョンで優勝出来てよかったです。

今年も無事にBMTを終えられて良かったですね。(私は皆勤賞です。)
皆様 また来年も一緒に遊びましょう。


第2位 ウッドさん 1040,970,960g  計2970g

久々の出撃も見事に二位獲得。タプチョンでは毎回ロクマルに遭遇している?
wood

コメント
久々の参加ですが良い釣りができました。
これまで2回連続でタプチョン対岸独り占め作戦で失敗していたので今回は実績高い上流側へ。ハムさんと並走になり中央の堤防沿いを上がる。ここでは35cmぐらいしか出ない。ふと後ろを見るとまばらなブッシュが。この横にスピナベを通すと良型。大体キロフィッシュ。今日はこれなのかと思いブッシュ伝いに沖の方へ。もう1匹出る。これがあたりパターンやねと思い、続けると突然無茶苦茶重い奴が掛かる。寄せてきて後5mぐらいのところでジャンプ!ブリのような魚体でした。ロクマル級ですわ。しかし瞬間ラインブレイク。それもクリンチノットでスピナベのワイヤーに巻きつけたところが切られてる!!クリンチ部分は完全に残ってて、こんな切られ方ってあるのねって感じでした。まだ時間はあるしまた出るかなと思いましたがキロぐらいが後2匹出てロクマル級はこれだけでした。後で皆さんに聞いて見ると、ルアーに巻きつける部分が二重になるパロマーノットがいいみたいですね。ネットではダブルクリンチノットというものあるみたい。まあ、去年のようなバラシではなかったのが成長かなと思います。来年こそ、ロクマル獲りたいですね。

ベジータさんに次いで僅差の2位ということで上出来です


第3位 はむ 1100,980,570g 計2650g

中途半端なウェイインで見事に釣行記。
ham

コメント
下流は行ったことがないのでいつもどおり上流へ。
岩盤周りからスタートしてクランクで流し始めるといきなりヒット。活性高いのかと思いきやあがってきたのはハス。そしてすぐ後に来た2バイト目もハス。。。パターンを替えようと島中央のブッシュへ向うがほとんど反応がなく、反応があってもキープに満たない20cm台ばかりなので見切りをつけてワンド方面へ。こちらも生命感がなく、これは外したかと薄々感じていたところに30cm台中盤がワームにきて仕方なくキープ。
魚の居場所がわからず、困ったときのルドラで40cm台を確保したが後が続かない。
途方にくれていると何処からともなく鳥が大量に泳いできたので、特攻してルドラを投げると二連続ヒット。1本はばらしたが1本40cm台を確保。ここからキッカー狙いでルドラを投げたおしたが結局大した成果なく、入りたかったポイントも韓国人に荒らされて詰み。中途半端なままウェイインとなり・・・嫌な予感どおり見事釣行記をゲット。


第4位 まりまりさん 500,320,150g 計970g  

BMT参戦2戦目、それでも毎回ウェイイン。
marimari


コメント
こんにちは。まりまりです。
韓国に来て2回目のBMTです。
前回べジータさんに教えてもらったパヨ製バイブレーションを買って挑みました。
今回スタートと同時に、はむさん、ウッドさんは勢い良く湖上左の方に行かれ、べジータさんは右へ行かれました。
べジータさんもバイブレーション引きまくりと思ったので違う方(左方面)に向かい、一生懸命バイブを引くと、5投目でヒット。
日本ではハードルアーで中々釣れなかったのでびっくり。
但し、韓国バスもそんなに甘くなく、その後、バイブ及びクランクを引きまくるもハスしか釣れず、終わりの時間が近づき、とりあえず数を合わせようとワームを投げ3尾釣ったところで帰還モードに入りました。

遠くにウッドさんが見え、まあウッドさんよりは先に帰れるかと思いきや、帰着場所前にあっさり抜かれ、今後は、釣りの技術だけでなく、操船技術も向上させなければ!と思い知らされた一日でした。

色々皆さんに教えてもらわないといけないと強く感じましたので、
お手数ですが、今後とも宜しくお願いします!



残念ながらノーフィッシュ Tochanさん

コメント
いつものメウンタン屋の前から入水。
右に出たのがベジータさん、残りの3人は左側へ。
私も木の所に行きたくて左側へ。

水温16.5度前後。入水P近くでノーシンカーのグラビング風に
下から出るが食い損ない。さらに追いかけてくるが食わせるのに失敗。
岸際を流していくと同様に出るがまたも失敗。
本日、バスとコンタクトしたのは、この2回だけでした(;_;)。

その後、トップ、バイブレーション、サスペンドミノー、
いつものピンクのワームなど種々トライ。
木の所まで行ったが反応なし。少し先に、はむさんを見かける。

中央部のブッシュがあるシャローエリアに移動。水温は17.2度。
ブッシュの間をスピナベ、チューンしたビッグベイトなどを通すが
反応なし。

時間がなくなってきたので、戻って行くとまりまりさんとウッドチャックさん
が戻って来る。特にウッドさんは高速!。いい運動を1km弱を戻って
13時の5秒前に無事帰着しました(*^-^*)。

まだまだ研究と練習が必要なことを痛感した一日でした(*´∀`*)


おまけ
同時開催ハゼクラシック@インチョン
あじるさんランカーゲット。
haze


BMT全7戦およびクラシックを終え今年度の大会は全て終了。
参加戦士の皆さんお疲れ様でした。

BMT第6戦釣行記

日時 8月26日(日)

場所 キョンチョン 

天気 曇りのち大雨のち曇り

参加者 Tochan、よっくん、ベジータ、ハム、あじる

 

貯水率、お天気と心配事の多い第6戦でした。
niveau bas

久しぶりのキョンチョンでしたが、ベイトがあちこちで追い回されてライズが・・・

スタート前から期待が高まりました。

途中大雨に降られたりもしましたが、計量までには上がり無事終了しました。

 

6戦結果は以下の通りです。

ハムさん、優勝おめでとうございました。

 

              Name     #1          #2          #3          TTL       Rem

1            ハム       1,240     1,610     880        3,730    

2            ベジータ1,870    940        760        3,570     ビックフィッシュ

3            あじる    1,400     550        670        2,620    

4            よっくん640       430        310        1,380    

5            Tochan  380        230        210        820       

 

 

 

第一位 ハムさん
ham_vertical


<コメント>

事前情報では貯水率30%を切っていて水がない状態ではあるものの、そこそこ釣れてい

 そうであったので期待して現地入り。

 入水ポイントに到着して準備しているとそこら中でボイルが発生、ジョイクロサイズの

 ベイトが追われていたりでテンションがあがりつつスタートを切る。

 入水早々ジョイクロを引くが反応がなく、シャロークランク、ワームとローテーション

 するとちびっ子パラダイスとなってしまう。続けてもしょうがないのでボイルは諦めて

移動。移動しても、ちびっこパラダイスは続きどうしようもなく、あるワンド入り口付

 近で3m付近に魚が多数映っていたので、クランクのレンジを下げて引くとビンゴ。

4045と連発でゲット。その後も付近でコースを変えて引くだけで釣れ続けるが30cm

 ラスにランクダウン。

それでもちびっ子パラダイスよりは良いので続けていくと8匹目でようやく40アップを

 ゲットし3本キープ完了。

 当たりが遠のいた所でキッカーを求めて最上流も目指したが、浅すぎと水が悪いのとで

 ノーバイト。

 結局往復しただけで時間切れとなり朝方の3本でウェイインとなった

 

 

第二位 ベジータさん
vegi_PG


<コメント>

久々のキョンチョン。

過去あまり良い思い出のない場所である。

到着するとすごい減水で入水場所も急遽変更してダム付近となった。

フローター準備中にあちこちでライズが発生していた。

今日は期待できそうと胸が高鳴った。

入水直後ライズにむかってバイブ シャロクラを投入したが反応なし。

適当に投げたら20cmのバスが釣れたがリリース。(機動力を考慮)

そこから対岸の岩盤を目指した。

対岸に到着すると陸ッパリ野郎が出現。 

邪魔しないように離れてクランク バイブで探るも反応薄い。

時折り遠くでライズは見えるが・・・。

バズベイトに変更して巻いてみると、バズの音に驚いたベイトが急に

逃げ出した。 それを見たバスがスイッチON状態になり近くでライズ

が多発。 ライズ付近にシャロークランクの早巻きで良型GET

ライズしているバスのサイズを見てデカそうなのを選んで釣った。

バズベイトに直接食ってくる奴も居て活性が上がってきたところで

大雨になった。 そこから入れ食い状態になったが釣れるのは2530cm

程度ばかりで入れ替えには至らなかった。 合計40匹以上釣ったかな?

計量で50cmクラスの良型が瀕死になっていた。(そんなに虐めてないのに)

ハムさんも瀕死バスを介護していた。
ham vegi sauvent

やはり水面付近の酸素濃度が薄いのであろう・・・。

両者死魚判定でも順位の入れ替えはないとの事でお情けを頂いた。

雨には降られたが、暑くも無く気持ちよく釣りが出来ました

 

 

第三位 あじる
agile


<コメント>

キョンチョンも苦手です。 前回は危うくボーズ。今回もどこに行っていいのやら・・

みんなが行かない方向に苦労して回ったら、オカッパリが多数。結構急な岩場に立ってたやつは落水したりと賑やかでした。ライズがすごいのですが、仔バスばっかりでした。 数は出ましたが、サイズがいまいち。 終わってみればまた釣行記。今年は釣行記が多いです。

 

第四位 よっくんさん
yokkun


<コメント>

久しぶりのキョンチョンは大減水で今まで見た事がない感じでしたが、地形の勉強になりました。

 朝一にシャッドテールを早引きしたら小さいのを含めてすぐにリミットメイク、のんびり釣りをと思いきや

雨が強くなってしまい、早々に切り上げ高台から皆様の帰りを待ち終わってしまいました。

最近は嫁さんの機嫌もありご飯も食べず、直帰ですいませんでした!

 

第五位 Tochanさん
tochan


<コメント>

To be added.


(記 あじる)

日にち:2018年9月15日
場所:クイ貯水池 上流側
参加者:Tochanさん、まりまりさん、ベージータさん、はむさん、やまぴ~(釣行記)
時間:6時30分~13時30分

今回は秋にもかかわらずクイ貯水池に水があると言う事で、クイ上流側からの入水です。
季節的には夏の日差しも残っているものの、水の中は秋を意識した動きになっているようです。
さあ、はたして結果を出したのは誰だったのでしょうか⁉

結果
1位 ベジータさん   1640g  1550g    900g    TTL 4090g
2位 はむさん          1530g  1140g  1080g    TTL 3750g
3位 やまぴ~          1290g    490g                TTL 1780g
4位 まりまりさん        410g      90g     70g    TTL   570g
5位 Tochanさん            0g                            TTL      0g

と、いう訳で
1位、ベジータさんおめでとうございます!
秋の回遊パターンをしっかりと押さえた結果でした。

以下、皆さんからのコメントです。

ベジータさん
 入水ポイント近くのブレイク沿いから攻めようと考えていたが、投げ釣り師が入っていたので
諦めて対岸の島周りを目指した。 先ずはビッグベイトから投げたが切れた草が多すぎて巻けない。
スピナベに変えて直ぐに20cm級がヒット。 リリースしてまた20cm級がヒット。
ワームに変えても20cm級がヒット。 フロッグに変えて無反応・・・。 
島周りのシャローはすごく雰囲気は良いがデカバス不在と判断。
スクールを探して真ん中の3~4mラインをジャークベイトで攻めてみた。
トゥイッチで止めた瞬間強烈な当たりが出て48cm級が釣れた。
春とは違い明確で強烈なアタリが楽しい。
しかしその後アタリは止まったのでバイブにするとまた48cm級が釣れた。
バイブが楽なのでバイブを巻きまくった。
1時間後30cm級のスクールに当たって2匹連続ヒット。 
更に1時間後40cm級のスクールに当たって1匹GET 1匹バラシ。
スクールのわりに数が出ないのでスピナベに変えてみた。 
40cm級のスクールで2匹連続バラシ・・・。 50肩のせいで合わせも中途半端でランディングも下手
になった様だ。その後も30cm級が釣れたが、デカバスのスクールに当たる事はなかった。
終わってみれば僅差で優勝できました。
今年初優勝で有終の美を飾れてよかったです。 
しかし今回の釣りは全て交通事故の様な釣りで完全なマグレです。

IMG_0464
IMG_0467

はむさん

秋のクイとしては水位が高く、春と同じ上流から入水。急に増水したからか、上流の橋
で工事をしているからか水色が少し悪いのが気になったので、早々と老人ホーム前へ移
 動。少し深めを意識してクランクを流すといきなり40アップが・・・しかし手元でジャ
 ンプ一発バラシ。気を取り直して投げるとまたまた40アップがきた。バレないように慎
 重にやり取り・・・が、またジャンプ一発バラシ。ここで今日はダメな日だと早々と気
 持ちが折れた。
そこから岩盤やブッシュ周りをワームでチマチマ、40弱でとりあえず3本確保しつつ子
バスに遊んでもらいつつ10時半。何もしないで終わるのもつまらないので、普段はあま
 りやらないディープでもやるかと3-5mラインを徘徊すると結構魚が魚探に映る。そこで
 ディープダイバーを引くと、割といい型が3本連続ヒットしかし3本連続ばらし。それで
 もめげずに引くとコンディションの良い40アップ、45クラスを連続でゲット。
 後一本これがくればいけるか?と思ったところで、捨て網にルアーがかかり1個しかな
 いディープダイバーをロスト。
 深めのクランクを引いてもくるのは30クラスばかりで入れ替えは出来ずにそのままウェ
 イイン。
 朝方からの悪い流れを断ち切れそうで断ち切れずに終わってしまった。
IMG_0468
IMG_0470


やまぴ~

秋は爆釣の秋と言う人が居ますが、個人的に秋に爆釣したことは皆無です。
(単発のデカバスは釣れるのですが…)
そんなこんなで今回は秋のクイ貯水地で開催となりました。
今日は数日前に日本で仕入れてきたクランクをローテーションさせて、各水深を探っていく
作戦です。
スタートしてすぐ下流の岬から始めて、そのまま先に進んでいきました。
とりあえずベイトを探しながら沖目のブレイクをクランクで流してみましたが、ベイトが魚探に
全く映らず、ちょっと不安になってきました。
で、釣れないと何時もの悪い癖が出て目に見えるストラクチャーに頼ってしまい、あちらこちらに
ある冠水ブッシュを打ちながら移動し、時間ばかりが過ぎていきます。
スタート地点の対岸に渡りブッシュ周りを打っても魚の反応が無く、これは秋特有の完全回遊
パターンに入ってると思い(最初から分かっていた事ではあるのですが・・・)、再びスタート
地点側に戻りました。
途中、沖でベージータさんとすれ違い「何もない所だけど、この辺りでバイブを引くと釣れますよ」
と教えてもらい、素直に真似をしてみると何と釣れたのは15センチ位の小バス…
落ち着いてその場所から周りを見渡してみると、あるポイントで定期的のボイルが湧くのを発見。
直ぐにその場所近くに陣取り、ボイルが湧くのを待ちます。
で、ボイルが湧いたところでバイブ投入。
直ぐさま30センチ程度のが釣れ、ボイルが収まる前にキーパーを揃えようとすぐさまバイブをキャスト。
次は少しサイズアップしてそれもキープ。
ボイルが収まったので、また次のボイルが始まるまで待ちます。
しばらくして少しズレた位置でボイルが始まり、同じようにバイブを速巻きで引くと、さらに
サイズアップしたバスをゲット。
これを同じ場所で繰り返して小さいバスを入れ替えし、粘っているところでタイムアウト。
ところが検量中に事件発生?
キーパーを揃えていたはずなのに2匹しか居ない?
何故かスカリのチャックが少し空いており、そこから逃走したようです。
順位は変わりませんでしたが、ちょっと残念な結果でした。
皆さんも社会の窓とスカリのチャックはしっかりと閉めましょう?

IMG_0473

まりまりさん

無事、フローターの進水式も終了し、安心しました。
 今までのO型と比較し、推進力の違いにびっくりです。
とりあえず韓国のバスにもお目見え出来、よかったなと
思いますが、同行された皆様の釣ったバスの餌?クラスで
次回からは気を引き締めてかからないといけないな!と
思いました。
まずは、PAYOでバイブレーションを購入するところから
 はじめたいと思います。
 今後とも宜しくお願いいたします。
IMG_0458
IMG_0460


Tochanさん

本日は、最終戦。
まりまりさんをpickupして、今年初めてのクイ。
期待して行きましたが、撃沈でした~。。。。。
写真もありません。。。


と、いう訳で第7戦、皆さんお疲れさまでした。
来月は早くも2018年度クラッシックとなります。
さあ、最後の栄冠を手にするのは誰かっ‼

以上                                   釣行記担当:やまぴ~
   

↑このページのトップヘ