日時:2017年4月1~2日
場所:クイ貯水池
天候:晴れ、時々嵐 11.4~12.5℃
参加者:はむ、フナ釣師二人組
釣行記:はむ


毎年春になるとXデーを夢見て通いつめているクイ。
今年のクイは例年になく既に子バス天国で、前週に行われたBMTでもこれといったビッグフィッシュを取れずモヤモヤとした気持ちを晴らすべく土日連荘での釣行。
あじるさんと二人で出撃予定であったが、金曜夜に体調不良との連絡があり単独での釣行となった。
後でこれが大きな意味を持つことになるのだがこの時は知る由もなかった・・・

4月1日。天気予報で冷え込むとのことだったので、少し遅めで8時40分にいつもの通り老人ホーム対岸より入水スタート。冷え込みが不安であったが水温は11.4℃とまあまあで、サイズは小さいものの入水ポイント付近でバチャバチャとフィーディングしており期待が膨らむ。前週BMTで良サイズが上がっていた上流側方面より釣り始める。しかしながら、よっくんポイントまで到達するまでに25cmサイズが4本と子バスパラダイスの様相は変わらず。今日も辛いなぁと思っていたところ・・・

入水ポイントに戻る途中、浅瀬ルドラでドカーーーーーーーン。
これが先週のBMTで欲しかった。。。

DSC_0769DSC_0770


一日引き回すのもかわいそうなので、入水ポイントで一旦あがり計測。
54センチ。自己記録タイ。体高も申し分なく、これぞ春のクイ!!!

DSC_0771


再び入水し水中島で45cm、ここまではよかったがその後昼過ぎまでに30cmクラス2本と40cmクラス1本と微妙な流れに・・・
更には突然嵐が来襲。激しい風雨にたまらず上陸して木の下に避難。
嵐が収まるまで1時間ほど経ったか・・・そして再出動。

DSC_0773


そういえば今日は、朝から韓国人フローターが全然いなかったのは、もしかしてみんな嵐を知っていた???
再開してからワンドや島周りまで一通り攻めるも、25~35cmクラスがパラパラと釣れるのみ、17時過ぎになってようやく42cmと嵐前の微妙な流れが継続。

だいぶ日も傾いたし、釣果も微妙。最後にブッシュを少しやって上がろう・・・と流していると、風がピタリとやみ、あたりはシーンと静まり返った。
静寂の中、一人ぽつーんと水の上に浮いている。
夕焼けの光もあいまって、神々しいとまで思える何ともいえない不思議な雰囲気が漂い始めた。

と、その時、エクストラヘビーアクションのデストロイヤーF7-64xが見たこともない程しなり、強烈に持っていかれた。
なんだこれ、鯉でもかかった?と思っていたら、少し軽くなり生命感が消えてしまう。
見事な変わり身の術で上がってきたのはウィードの塊。
もしかして最初からウィードだったか?
でも、確実に引いていたよな・・・などと考えつつ再びキャスト。

すると、再びロッドティップが先程と同じくらい引きこまれた。
今度は変わり身の術をされないように、すぐにフィンをキックし沖にでる。
強烈な引き、やっぱり魚だ。でも、何の魚?と思ったところで魚がジャンプ。
バスだ。怪獣サイズ。やばい。
その後のやり取りは、夢中で余り覚えていない。やり取りに慎重になりすぎたところもあり、
ロッドワークに何度かミスがあったものの、フックが一番良いところに刺さっており、
運良くランディングネットに収まった。

そして、フロントテーブルでご対面。
まさに怪獣。非常にきれいな見事な魚体にしばし見とれる。

DSC_0774


ここでもう一度午前中に釣った54cmを参考に。
DSC_0769

こちらも決して小さくない。むしろかなり大きいが、比べるとと大人と子供と思える。

怪獣をスカリに収め、二匹目のどじょうならぬ怪獣を狙ったが反応がなくなってしまう。
粘ると暗くなって写真も取れなるのでここで釣り終了。


入水ポイントに戻り測定。正直、ロクマルはかたいと思っていたが・・・
DSC_0775

足りない・・・59cm。
尾ひれを少し伸ばしたりしてみてもどうやっても60には届かない。
残念ながらロクマル確保の夢は先送りとなった。

59cmはウッドさんの58.5cmを更新してクラブ記録サイズ。
ただ今回はトラブルで単独釣行のため、残念ながら記録要綱を満たさない幻の記録。
運命のいたずらというべきか。
記録は残念だが、きっと2人で来ていたら釣れない世界線だったに違いないと思いなおす。

計測中、釣りキャンプに来ていたフナ釣り韓国人二人組みが、近寄ってきてわいわい騒ぎ出した。
記念写真をどうしようと思っていたところ、丁度いいところにきてくれた。

DSC_0780

撮ってもらった後に、彼らも人の魚で写真を撮りだしたのはご愛嬌で。。。

記念撮影後にリリースしようとすると、二人のうち一人が、逃がすなタンスーヨクにして食えなどと騒ぎ出したが、無視してリリース。

遊んでくれてありがとう。ロクマルになった頃、また会いましょう。
ルドラも流石。ありがとう。

DSC_0781

おまけ。
次の日、日曜日の朝、いつものモーテル窓から。
4月だというのに霜が降りるほど冷え込んだためか、クイに雲海のようなモヤが立ち込め非常に幻想的。
釣果は・・・まあ、お察しということで。。。