日時:2019/5/26日曜日

場所:クムガン 天気:晴れ 水温:23-25度。

参加者:何と7人

    ベジータさん、はむさん、やまぴーさん、まりまりさん、kaffeeさん、

    遅刻したよっくんさん、tochan(釣行記担当)

 

<第3戦のまとめ>

1.はむさんが3連勝!、あと1回優勝で年間優勝が決定しちゃうよー!!!

2.栄光の3回連続の釣行記役をベジータさんからtochanが奪取!!!!

なぜそんなことができたのか??

実は、今回、フローターにビールを持ち込まず、シラフでバス釣りをしたからか??

3.道路工事で釣り場に入れないかもという事件も発生しましたが、合計7人が参加して、まずまずの釣り日和、朝は鳥のさえずりを聞きながら釣り、昼は日陰に入って昼食休憩で楽しく過ごすことができました。

photo1

<プロローグ>

  1. よっくんさんから、寝坊で遅刻するとの連絡!

  2. 釣り場へ向かう道が何と工事中で通行不可??

    結局対向車線を通って無事通過(*^-^*)。

 

<BMT>

今回の参加者は、何と7人の豪華メンバー!

はむさん、やまぴーさん、まりまりさんの三人は、前日クイからバス釣り宿泊連荘♡

またベジータさんも、前日サッキョホで爆釣しての日帰り連荘!

kaffeeさんと私tochanの二人は、前日のヒラメダウンショットから連続の魚釣り♡

 

まずは、休憩所で合流したkaffeeさんとtochanが工事区域を通過。残りの4人2台も無事通過して、6人が予定の5時半に無事集合。

スロープは、鯉だか鮒の釣り師一人に占領されていて、仕方がないから横の土のところを降りて、6時過ぎにBMT開始。

 

まもなく寝坊のよっくんさんも無事現地到着して、7時すぎに参加(*^-^*)。

今回のメンバーの中でkaffeeさんは、クンガンははじめて、他のメンバーは経験済み。

午後2時の終了時刻に全員帰還。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

 

それでは、結果発表とみなさんのコメントです。

 

<みなさんのコメントと結果>
1位 堂々優勝のはむさん 3.03kg(1.18+0.80+1.05)

photo2

先週一回来たものの良い感触は無く迎えた大会当日。

現在クンガンは水位が非常に低く打つポイントが少ないのに加え、ジェットスキーが走り始めると土が表面に出ているポイントはコーヒー牛乳となり、壊滅(気分的に)するので10時頃までに勝負をしたかった。

水色のいい岬に絞って流し始めると、幸先良く1.2kをワームでゲット。その後、クランク、ビッグベイト、ワーム、ギルベイトなど色々試すもキープは700~800g程度で重量はあがらない。
他に当てもないので数うちゃ当たる作戦で、なんとか1匹を1k程度で入れ替えたところで10時となり、ジェットスキーが走り始めて終了。濁りの出ない岩盤側に逃げるも、ギル子バスパラダイスで何も出来ずに試合終了時間となった。中途半端な重量で釣行記の危機?と思ったがなんとか逃れ、ベジータさんにデッドフィッシュがいたことで棚ボタ的に優勝。ウェイイン中に一匹はかりから外れ逃げられそうになったところを、ヒレなどに手を刺されながらも必死に押さえ込んだ甲斐がありました。

 

はむ 


2位 死魚がなかったら堂々1位のベジータさん
3.00kg(1.50→死魚で0.75+1.48+0.77 死魚がなければ3.75kg!)

←はむさんの年間優勝を阻止する役割を期待していましたが。。。

photo3



前日サッキョホでの爆釣の後遺症(腱鞘炎)をかばいながらワームメインでのスタートになった。 フィーディング想定ポイントではミノー バイブを投入するも不発。(ベイトが優雅に泳いでいるので、バスはフィーディングモードでは無いと判断)

始めのワンドでワームに突然のバイト有。 結構なサイズだと思われたがディスンスが広すぎてブッシュに巻かれ変わり身の術でブッシュに化けた。

それを見ていたKaffeeさんもブッシュ打ちに変更したようなので私は次のワンドを目指す。
そこでマリマリさんと出会ったが、ルドラを巻き倒している。

「まだフィーディングタイムではないので多分出ないよ。」と言って私はワンドに入った。
ワンドの際にブッシュがあるが、ワームを打ち込むのも時間が掛かるので取り合えず封印していたバイブを投入。
2投目で強烈なあたり、48cm級が釣れた。
こんなパターンもありかとバイブ巻くもその後不発。

対岸に渡り岩盤打ちに行ったが、小バスとギルの群れに撃沈。

バイブにも小バスの爆釣モードに入ったので封印。

目当てのワンドには韓国人が3台先行していたので再度元のワンドに帰った。

そこで丁寧にワームの打ち込みを始めた。 35cm級が3本釣れたのでリミット。

一旦適当に間引いてスカリ整理。 

その後再度対岸に渡り目当てのワンドに到着。 しかし、反応無し。

45cm級のバスはウロウロしていたが、食わない。 ワームもバイブもミノーも・・・。

諦めて再々度元のワンドに移動。
よっくんさんが入っていたので入水ポイントに帰りながらブッシュ打ちをした。
 朝には反応が無かったブッシュでもテンポよく35cm級が釣れた。

(ジェットとボートの波のせいでブッシュ際に良い感じの濁りが出来たからか?波のせいでベイトが集ったから?)

ブッシュに巻かれて変わり身の術も多発したが、最後に48cm級をもう1匹追加。

よっくんさんはまだ釣れてないとの事で、よっくんさんにレクチャーしてポイントも譲って帰着となった。

しかし、最後の48cmはワームを呑まれていたのでDEADとなってしまった・・・。

結果DAEDのため30gの僅差で2位となった。 35cm級をちゃんと計って間引いてたら

勝てたかも・・・? 今年は初戦から運がない様な気が未だ拭えません・・・。

まあ、やっと脱釣行記なので良しとしましょう。


 

3位 栄光の釣行記役をいただいたtochan 2.48kg(0.89+0.82+0.77)

photo4

 

何と今回は、遅刻のよっくんさんも入れて7人の参加!

左に行くか、右に行くか?

左には、はむさん、ベジータさん、kaffeeさんが。

右には、やまぴーさんが向かった。

対面の少し右寄りにまりまりさんが向かっている。

これを見て、対面の少し左の岩盤からワンドに向かうことに。

ところが近づいてみると韓国人のフローターがすでに2艘陣取っている。

彼らはオールなしなので、この岩盤はオールで素早くスルーして、左のワンドに進入。

 

ここは、誰も入ってこず、一人で占領して釣りすることができました。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

まずは、ワンドの入口先端部には、ルドラを投入。

ワンドの奥でバイブレーション“ブザービーター”のタングステンにグッと来た。

おっ、今日は幸先がいい、強い引き。これはデカいか、なかなか寄らない。ようやくネットを使ってあげてみると、しかし37cmほどしかない。尻尾が切れている。まあ強い引きを楽しめたからまあよしとしよう。

その後は、ブッシュがらみでワームに軽いあたりが、なーんだチビかと思いきや意外に40cmが、シャロークランクに17センチのかわいい奴、一応、スカリにキープ。

photo5

また、ワーム遠投に40cm。これで、17センチ君と入れ替え。今日の特徴は、ワームに来るが軽い、ゆるーいあたりであること。40cmクラスが結構いるようだ。

それにしてもどこにもベイトが沢山いる。底には、ハゼ系の魚もいるし、中層から表面近くをメダカのような小魚の大群が泳いでいる。

 

ぐるっとワンドを回ってきたあたりで、ワームにまたもや反応が、40cm以上クラスで、入れ替えできるかと思ったが、バラシ。残念!!

 

昼前になりかなり暑くなったので、影に入って休憩、早めの昼食。今回は、いつものビールは、無し。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

昼食後、入れ替えできずに終了となりました。

 

朝は、鳥のさえずりも聞こえて、まずまずの釣り日和で、栄光の釣行記役をいただくという番狂わせもありましたが、楽しく過ごすことができました。


 

4位 kaffeeさん 1.99kg(0.61+0.70+0.68)

photo6



クンガンは初めてなので、最初は全くポイントが分からなく、今日はBMTより場所を理解することに集中することに。
朝のフィーディング時間帯は手探り状態で過ぎてしまい、かなり焦りました。
ついでにベジータさんがバイブレーションでバラすところも目撃。
こちらは偏光グラスを忘れてしまったため、ブッシュの枝の入り方も良く見えず苦戦。
それでもやっと10時半過ぎからパターンらしきものが分かり始め、小さいながらも数は結構釣れました。
次回、クンガンでもう少しストロングパターンを見つけないと。



5位 まりまりさん 1.85kg(1.20+0.65)

photo7

 まりまりです。


BMTの第3戦です。

の前にちょっと雑談で、前日クイにハムさん、山ピーさんとクイに行きました。

韓国バスはハードベイトへの反応が良いとの情報より、今回はクランクベイトで釣りたいと考え、朝から一生懸命投げました。

ぽつぽつとですが、反応が得られて楽しかったのですが、その中でも、osp「ブリッツ」は数多くの魚種を誘惑して頂き、バスを初め、ギル、雷魚、なまずと。。。最後の鯰の時は、船上で一人ふきだしてしまいました。

photo83

さて、第3戦です。当然前日面白い思いをしたブリッツで開始です。

と思ったら一投目から。。。なにこれ?

photo9



まあ良く引きました。ブリッツ君 バスを御願いします。。。

この日は、日中32度前後と非常に厚く、又、時期的にギル及び子バス攻撃に合い、真剣に普通バス探し。でも中々いません。

ブリッツ君も頑張りますが、ギル・子バスの連続で、またルドラ君にも頑張ってもらいましたが、ご自身とほぼ同じサイズのバスしかかからず。

そうこう悩んでいるうちに時間が経ち、やばいとばかりにワーム投入。

とりあえず2本釣り検量へ。。。しかしこれでは皆さんと戦えず7人中5位でした。。。

次回も頑張ってハードルアーを引き倒したいと思います。でも、やばいと思ったら女・子供問わずワームでとりに行きます!次回も宜しく御願いします。



6位 やまぴーさん 1.75kg(0.27+0.73+0.75)

photo10


第2戦が仕事のために参加できず、2か月間空いたBMTになりました。

前日にはむさん、まりまりさんとクイに入りましたが、これといったパターンがつかめないままの第3戦です。

クンガンの入水ポイントはいつもながらの大盛況で、しかもスロープの先端をフナ師が独占している状態…

仕方なく減水でできたスロープ脇の泥んこ地帯から、釣り糸に絡まりながらの入水。

出遅れたためにみんなの姿が何処にも見えませんが、多分下流側に向かったと思われ…

下流側はポイントがわからないので、昨年の同じ時期に調子の良かったスロープ側の上流岩盤地帯へ。

ただ昨日のクイでは岩盤が不発でワンド奥のブッシュ絡みが良かったので、岩盤に行くまでの竹やぶ前のブッシュからチェックしていきました。

ブッシュにフィネス系のワームを入れると数投でキープサイズをキャッチするも、小バスとギルにモテ遊ばれて終了。

早くもキーパーがそろったものの、あまりにも小バス揃いでガッカリ。

岩盤地帯まで釣り流す間にビッグベイトをキャストすると、50センチ近いのがのがチェイスをしてくるもののバイトに至らず。

昨日のクイでも同じ状況だったのですが、この時期は回復してきている個体がビッグベイトに反応してくるはずなのに、季節が合わないのか、プレッシャーが高いのか…?

期待して入った岩盤地帯では予想だにしなかった無反応。

岩盤際に浮いてるわけでもなく岩盤の底近くに沈んでるわけでもなく、完全にバスの居場所を見失っています。

岩盤地帯を諦めて対岸に渡り、岬とワンドが入り組むエリアに入ってみましたが、マリンジェットが起こす波で濁りが入りって釣りにならず…

韓国人フローターが張り付いている対岸の岩盤絡みブッシュを打つと、直ぐにキーパーをキャッチ出来て入れ替えをしたものの、これといったサイズがキャッチできずに終了となりました。

次回のBMTではまともな結果を出したいと思います。

 

やまぴ~


 

7位 よっくんさん 1.67kg(0.73+0.94)

photo11


夜2時40分アラームが鳴ったのに気が付いたが見事に二度寝!

4時20分に目が覚め、行くか辞めるか悩みましたが…月1回の釣りなので、行く事に!

 

6時半くらいに到着、準備して7時8分に出船

巻物を巻くも反応が無し、スモラバも駄目、

ネコリグに変えてやっと釣れたと思ったらバレてしまい、今日は、朝からツイてないと諦めモード

11時過ぎに本日初めてメンバーを発見!

ベジータさんが近くに居たので、何で釣れたか聞くとナントベジータSPシークレットリグを頂き、釣り方もレクチャーしてもらい、そこから2匹ゲット出来ました!

今年はあまり釣果が良くないので、次回に期待ですね!

以上よっくんでした。

 

 

<おまけ 2018年年間優勝表彰式>

BMTからの帰り、いつもジョンアム休憩所で食事後、よっくんさんが用意してくれた2018年度の年間優勝の盾の授与式を実施(^O^)

photo12

 

では、みなさん、次回もがんばりましょう♡