日にち:2018年9月15日
場所:クイ貯水池 上流側
参加者:Tochanさん、まりまりさん、ベージータさん、はむさん、やまぴ~(釣行記)
時間:6時30分~13時30分

今回は秋にもかかわらずクイ貯水池に水があると言う事で、クイ上流側からの入水です。
季節的には夏の日差しも残っているものの、水の中は秋を意識した動きになっているようです。
さあ、はたして結果を出したのは誰だったのでしょうか⁉

結果
1位 ベジータさん   1640g  1550g    900g    TTL 4090g
2位 はむさん          1530g  1140g  1080g    TTL 3750g
3位 やまぴ~          1290g    490g                TTL 1780g
4位 まりまりさん        410g      90g     70g    TTL   570g
5位 Tochanさん            0g                            TTL      0g

と、いう訳で
1位、ベジータさんおめでとうございます!
秋の回遊パターンをしっかりと押さえた結果でした。

以下、皆さんからのコメントです。

ベジータさん
 入水ポイント近くのブレイク沿いから攻めようと考えていたが、投げ釣り師が入っていたので
諦めて対岸の島周りを目指した。 先ずはビッグベイトから投げたが切れた草が多すぎて巻けない。
スピナベに変えて直ぐに20cm級がヒット。 リリースしてまた20cm級がヒット。
ワームに変えても20cm級がヒット。 フロッグに変えて無反応・・・。 
島周りのシャローはすごく雰囲気は良いがデカバス不在と判断。
スクールを探して真ん中の3~4mラインをジャークベイトで攻めてみた。
トゥイッチで止めた瞬間強烈な当たりが出て48cm級が釣れた。
春とは違い明確で強烈なアタリが楽しい。
しかしその後アタリは止まったのでバイブにするとまた48cm級が釣れた。
バイブが楽なのでバイブを巻きまくった。
1時間後30cm級のスクールに当たって2匹連続ヒット。 
更に1時間後40cm級のスクールに当たって1匹GET 1匹バラシ。
スクールのわりに数が出ないのでスピナベに変えてみた。 
40cm級のスクールで2匹連続バラシ・・・。 50肩のせいで合わせも中途半端でランディングも下手
になった様だ。その後も30cm級が釣れたが、デカバスのスクールに当たる事はなかった。
終わってみれば僅差で優勝できました。
今年初優勝で有終の美を飾れてよかったです。 
しかし今回の釣りは全て交通事故の様な釣りで完全なマグレです。

IMG_0464
IMG_0467

はむさん

秋のクイとしては水位が高く、春と同じ上流から入水。急に増水したからか、上流の橋
で工事をしているからか水色が少し悪いのが気になったので、早々と老人ホーム前へ移
 動。少し深めを意識してクランクを流すといきなり40アップが・・・しかし手元でジャ
 ンプ一発バラシ。気を取り直して投げるとまたまた40アップがきた。バレないように慎
 重にやり取り・・・が、またジャンプ一発バラシ。ここで今日はダメな日だと早々と気
 持ちが折れた。
そこから岩盤やブッシュ周りをワームでチマチマ、40弱でとりあえず3本確保しつつ子
バスに遊んでもらいつつ10時半。何もしないで終わるのもつまらないので、普段はあま
 りやらないディープでもやるかと3-5mラインを徘徊すると結構魚が魚探に映る。そこで
 ディープダイバーを引くと、割といい型が3本連続ヒットしかし3本連続ばらし。それで
 もめげずに引くとコンディションの良い40アップ、45クラスを連続でゲット。
 後一本これがくればいけるか?と思ったところで、捨て網にルアーがかかり1個しかな
 いディープダイバーをロスト。
 深めのクランクを引いてもくるのは30クラスばかりで入れ替えは出来ずにそのままウェ
 イイン。
 朝方からの悪い流れを断ち切れそうで断ち切れずに終わってしまった。
IMG_0468
IMG_0470


やまぴ~

秋は爆釣の秋と言う人が居ますが、個人的に秋に爆釣したことは皆無です。
(単発のデカバスは釣れるのですが…)
そんなこんなで今回は秋のクイ貯水地で開催となりました。
今日は数日前に日本で仕入れてきたクランクをローテーションさせて、各水深を探っていく
作戦です。
スタートしてすぐ下流の岬から始めて、そのまま先に進んでいきました。
とりあえずベイトを探しながら沖目のブレイクをクランクで流してみましたが、ベイトが魚探に
全く映らず、ちょっと不安になってきました。
で、釣れないと何時もの悪い癖が出て目に見えるストラクチャーに頼ってしまい、あちらこちらに
ある冠水ブッシュを打ちながら移動し、時間ばかりが過ぎていきます。
スタート地点の対岸に渡りブッシュ周りを打っても魚の反応が無く、これは秋特有の完全回遊
パターンに入ってると思い(最初から分かっていた事ではあるのですが・・・)、再びスタート
地点側に戻りました。
途中、沖でベージータさんとすれ違い「何もない所だけど、この辺りでバイブを引くと釣れますよ」
と教えてもらい、素直に真似をしてみると何と釣れたのは15センチ位の小バス…
落ち着いてその場所から周りを見渡してみると、あるポイントで定期的のボイルが湧くのを発見。
直ぐにその場所近くに陣取り、ボイルが湧くのを待ちます。
で、ボイルが湧いたところでバイブ投入。
直ぐさま30センチ程度のが釣れ、ボイルが収まる前にキーパーを揃えようとすぐさまバイブをキャスト。
次は少しサイズアップしてそれもキープ。
ボイルが収まったので、また次のボイルが始まるまで待ちます。
しばらくして少しズレた位置でボイルが始まり、同じようにバイブを速巻きで引くと、さらに
サイズアップしたバスをゲット。
これを同じ場所で繰り返して小さいバスを入れ替えし、粘っているところでタイムアウト。
ところが検量中に事件発生?
キーパーを揃えていたはずなのに2匹しか居ない?
何故かスカリのチャックが少し空いており、そこから逃走したようです。
順位は変わりませんでしたが、ちょっと残念な結果でした。
皆さんも社会の窓とスカリのチャックはしっかりと閉めましょう?

IMG_0473

まりまりさん

無事、フローターの進水式も終了し、安心しました。
 今までのO型と比較し、推進力の違いにびっくりです。
とりあえず韓国のバスにもお目見え出来、よかったなと
思いますが、同行された皆様の釣ったバスの餌?クラスで
次回からは気を引き締めてかからないといけないな!と
思いました。
まずは、PAYOでバイブレーションを購入するところから
 はじめたいと思います。
 今後とも宜しくお願いいたします。
IMG_0458
IMG_0460


Tochanさん

本日は、最終戦。
まりまりさんをpickupして、今年初めてのクイ。
期待して行きましたが、撃沈でした~。。。。。
写真もありません。。。


と、いう訳で第7戦、皆さんお疲れさまでした。
来月は早くも2018年度クラッシックとなります。
さあ、最後の栄冠を手にするのは誰かっ‼

以上                                   釣行記担当:やまぴ~